技術のこだわり

技術のこだわり。

「似合わせ」でイメージ操作

私たちが作るヘアスタイルは一人ひとりに合わせた髪…いわゆる「似合わせ」スタイルです。じゃあ今度は「似合わせってなんだろう?」って思いましたよね?!おおまかに言うと「造形による目の錯覚」を上手く利用し、その人の良いところを引き出して欠点をカバーすることですが…ちょっと堅くなりすぎましたか??もうちょっとシンプルに言うと、スタイルの形とバランスを調整して印象を変えていくということ。例えば、顔まわりのデザインをちょっと変えただけで「小顔になったみたい!」だとか、シルエットのバランスをちょっと変えただけで「若くなったって言われた!」など。少しデザインを変えただけで「別人?」ってくらい印象が違って見えることが本当にあるんですよね。さらに、ヘアカラーを変えると肌の色まで違って見えたりもします。ヘアデザインは、その人の印象を左右してしまうもの。だからこそ「似合わせ」スタイルを作る美容師は、とっても責任重大。

360度の「きれい」をつくる

ヘアデザインにとって再現性はものすごく大事。
美容師がお客様のスタイリングを出来るのは、美容室に来店いただいた時だけ。日常生活でスタイリングをするのはお客様自身なので、再現性の高いスタイルを提供することが重要です。また、自分では正面ばかり気になってしまいがちですが、実は人からは横顔や後ろ姿の方がよく見られていたりするんですよね。だからこそお客様自身では見えづらい、サイドとバックのヘアデザインは常に美容師の責任。360度「きれい」なスタイルを毎日作れるよう、分け目やクセなどを充分に考慮したスタイリングのアドバイスも行っています。

デザインは全部が「一点物」

私たち美容師がお客様に提供するものは、いつも「一点物」のオーダーメイド。お客様に合わせて世界に一つしかないヘアスタイルを提供するのが使命です。だから美容師って難しい。だから美容師って楽しい。ひとりでも多くの方に最高の「一点物」を提供出来るよう、私たちは技術と感性を磨き続けています。

Return Top