薬剤へのこだわり

ヘアデザインを作る薬剤たち。

薬剤たちについて

私たちは、お客様の髪へのダメージを最小限に抑えることを考えて薬剤を選んでいます。本音を言うと、髪にまったくダメージのない薬剤を使うのが理想。しかし、お客様の「こうなりたい!」を叶える上で、必要最低限ではあるものの薬剤によって多少のダメージを伴ってしまうことも…。そこで、可能な限り髪に負担をかけずにカラーやパーマをするため、薬剤たちを使用する前にダメージレス用の処理剤で事前処理・中間処理・後処理をしています。

事前処理
「今」の髪のダメージを抑え、出来る限り髪を本来の状態に近づけます。

中間処理
薬剤(特にパーマ薬剤!)に含まれるアルカリ成分を中和させます。

後処理
タンパク質やコラーゲンを含むトリートメントで、髪を本来の状態に近づけます。

この3工程を行うことで、お客様の髪が見違えるほど輝きを増してきますよ!私たちは、常に最新の情報を取り入れながら、飽くなき研究を重ね続けているのです。

カラー薬剤について
カラーをしている髪に再びヘアカラーをすると、ダメージがUPしてしまうと思っていませんか?実は、その考えは大間違い!カラーは月日が経つにつれてどんどん退色していきますが、そのまま何ヵ月もただただ放置してしまうことの方がダメージヘアの大きな原因に…!!私たちのお店では、もちろんヘアカラーもお客様1人ひとりに合わせたオーダーメイド。新しく伸びてきた部分の髪とカラーをしている部分の髪とで薬剤を変えるなど、それぞれの髪の状態に応じて、なるべく負担をかけずに染めていきます。カラー後に UP する髪のツヤ感は必見ですよ。

パーマ薬剤について
みんな自分流のおしゃれを楽しむ時代。もちろんヘアスタイルもおしゃれ度を高める重要ポイント。そんな中、繰り返したカラーやヘアアイロンなどの使用で、ダメージ毛になっているお客様も多いようです。でもご安心を!ダメージ毛だからといってパーマをかけられない訳ではありません!ダメージ毛の方でも安心してパーマに挑戦してもらえるよう、さまざまなパーマ薬剤をご用意。パーマ薬剤のタイプは大きく分けて2種類あり、髪の状態やヘアデザインによって使い分けます。

医薬部外品の薬剤
ダメージの少ない方、くっきりウェーブを作りたい方などにおすすめ!

化粧品の薬剤
ダメージが見られる方、ふんわりウェーブを作りたい方、パーマとカラーを同時にしたい方などにおすすめ!

Return Top